Suuntoでは、当社のウェブサイトが「Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0」の適合レベルAAに準拠することを目標とし、WCAG 2.0と国際協調したその他の標準規格に準拠することで、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでいます。当ウェブサイト上の情報にアクセスできなくてお困りの場合など、アクセシビリティに関するお問い合わせは、カスタマーサービスまでご連絡ください。カスタマーサービス電話番号:米国 +1 855 258 0900(フリーダイヤル)

Movescountでルートの作成方法

このページでは、ルートを作成する下記の方法をご紹介します。

Movescount上の他のルートを保存

1.  MOVESCOUNTのトップページから「マップ」をクリック

2.  ルートを探したいエリアにズーム。
赤枠の「ルート」にチェックを入れてください。

3.  気になるアクティビティのアイコンにカーソルを合わせるとルートが表示されます。

4.  ルートが決まると画面左側のボックス内『以下を使用 SUUNTO Traverse(例)』で、ルートをインポートしたいウオッチを選択します。

Movescountの他のユーザーのMOVE(ログデータ)からルートを保存

1.  MOVESCOUNTのトップページから「マップ」をクリック

2.  ルートを探したいエリアにズーム。
赤枠の「MOVE」にチェックを入れてください。

3.  気になるアクティビティがあればクリック。

4.  クリックすると他のユーザーのログデータが表示。
「トラックをルートプランナーにエクスポート」をクリック。

5.  保存する名称を入力し 画面左側のボックス内『以下を使用 SUUNTO Traverse(例)』で、ルートをインポートしたいウオッチを選択します。

外部のサイトからルートを保存

1.  外部のサイトからGPSデータ(GPX、KML)をPCに保存。

2.  マップ左下の+マークから「ルートのインポート」をクリック

3.  入れたいGPSデータをクリック。
ファイルフォーマットをGPXもしくはKML対応

4.  保存する名称を入力し 画面左側のボックス内『以下を使用 SUUNTO Traverse(例)』で、ルートをインポートしたいウオッチを選択します。